FC2ブログ

無事、生還! (ピレネー旅行 8)

ああ、今日という今日は何という一日だったのだろう!

旅もいよいよ中盤に入ったが、こんな試練が待ち受けていようとは…。






P1020809.jpg

この日も晴天に恵まれ、幸先のよいスタートをきった

遠くの山には残雪が見えるが、もしかしてあの山を登るつもり?

ンなわけないよね、これは登山ではなく単なるトレッキングなんだから…なーんてこのときは気楽に考えていた






vD6OtDnuvHO8clm.jpg

ポピーに似てるようだがポピーにこんな色があるのかな?と思い、後で調べてみるとやっぱりポピー

しかもその名をアイスランドポピーといって、北極探検隊がシベリアでこの花を発見したことに由来するらしい

いかにも高地、寒冷地に咲いていそうな花






P1020837.jpg

この看板はいくらなんでも写真に撮るでしょう

1745mですよ!






1342447908L96qOe5OfGiJ6Vq.gif

このような避難小屋があり、中にはホコリっぽい寝具やら椅子・テーブルが置いてある

山の谷間のだだっ広ーい草原の中にぽつんとひとつある






P1020830.jpg

避難小屋のあるバロサ圏谷(シルクドバロサ)

これも後で調べたのだが、圏谷(シルク)とは氷河の侵食作用によってできた広い椀状の谷のことだそう

この山の向こうはもうフランスで、この山がちょうどスペインとフランスとの国境にあたる






P1020834.jpg

日もガンガン照りつけているが風もビュンビュン吹きすさんでおり、パピヨンは普段長ーい耳毛に隠されていて本来の耳の形が分からないが、この写真ではその形がくっきりと浮かび上がった






P1020841.jpg

15分ほど駆け回っていただろうか、しかし、もうここまでで限界!とばかりに日影に座り込んでしまった






4~50分そこで休憩しただろうか、おもむろに「さ、じゃ行こか」と夫Mが一言。

「行く」って「帰る」っていう意味かなと思っていると、ずんずん反対方向へ。

え、え、え、そんなライラもこんなに疲れてるし…という私の心配をよそに、彼女は果敢にも立ち上がり夫の後をついて行く。

どうやらこの先の雪の残った山の頂上まで行くらしい。

でもまあ1時間半で登れてしまうらしいし(とガイドブックには書いてある)、私もその後を続いた。

しかし、しかし、ずぶの素人の私たちが頂上にたどりつくまでに要した時間はなんと3時間!

この1745mの地点に達するまででも2時間はかかっている。

暑いし風は強いし岩道で歩きにくいしで、もうサイテー・サイアク!!!

夫は今ビデオカメラに凝っていて、登る途中もビデオカメラを出したりしまったりしながらノンビリ歩いている。

1時間半で登れるというのはただ単に登ったときの話で、ビデオなんて撮りながら寄り道してたらもちろんその倍はかかってしまうだろう。

私はちゃっちゃと登ってしまいたくて、ビデオ撮影している彼の横でイライラしながら待っていた。

ある時、あんまりにも横で待ってるのが退屈で「もう先行っとくよ!」と歩き出すと、ライラも私のあとをチョコチョコついてくる。

「あら~、ライラちゃんは私のそばがいいのね」と気をよくしていると、目の前に大きな崖が…(@_@。

半泣きになりながらもようやくその崖を越え、その時はもちろん運動神経のいいライラもついてきてると気にも留めず、すたすた歩いていた。

しかし、後ろから「セニョリータ(お嬢さん)!」ではなく「セニョーラ(奥さん)!」という声が…。

私?と思い振り向くと、おじさん一人とライラが走ってくるではないか。

彼が言うには、ライラがあの大きな崖を越えられず立ち往生していたので連れてきてくれたそうだ。

(彼とはスタート地点から何回か追い抜いたり追い抜かれたりで顔見知りになっていた)

さすがのライラもあの崖は越えられなかったか…と思ったのと同時に、彼女がそのおじさんに大人しく抱っこされた(その現場は目撃していないが)ということにもびっくりした。

彼女としても「おいて行かれる!」と必死だったのだろう。






P1020852.jpg

座り込んだ私の足と足の間の僅かな日影を求めて座り込むライラ

私だって、日影が欲しいよ~

この登山道には全く日影がなく、ふたりとも疲れがピークに達している






P1020856.jpg

ようやく到達した山頂

看板があるだけで何もない

風はますます強く吹きすさんでいて、座りこんでいなければ吹っ飛びそう






さ、これでもう気が済んだでしょ?と帰ろうとする私に、「この先もうちょっと行ったところにまた2番目の避難小屋があるよ」と夫M。

そこには人がいて食事のサービスもあるという。

確かにお腹もすいていて(この日、朝出発したきりランチもとっていなかった)、この山頂には何もないし、もうちょっとなら行ってもいいかという気になり、またもや山頂を後にして進んでいった。






P1020855.jpg

山頂を越え、第2の避難小屋(そこはもうフランス)に向け歩いていたとき見つけたヘンシアン(gentian)

アルプス、ピレネーに生育する高山植物であるが、今回の旅行中このときしか目にすることがなかった

花の時期がもう過ぎていたのだろう






P1020857.jpg

山頂からもう少しすすんだところには湖が…

それにしても「もう少し」ってあとどれぐらいなんよ?

夫は「山頂にはあと30分っていうサインが出てた」と言うが…






結局またコ1時間ほどかかって、その第2の避難小屋(ここは夏の間はちゃんと管理人の夫婦がいて、食事や寝泊りができるようになっている)へ。

疲れすぎててもう写真など撮る気力はこれっぽっちも残っていない。

「とにかく、何か食べてサッサと帰ろうよ」と促すと、夫は「今から帰ってももうホテルに着くのは真夜中になるし、ここで一泊していこう」と言うではないか!

「とんでもない、洗面用具も何もリュックの中には入ってないし、こんなとこに泊まるのはごめん被るわ!!!それに、ここに出入りしてる泊り客見てみーよ!みんな重装備の登山客ばっかりやん!こんなところ我々には場違いもはなはだしいでしょ!!!」とわめき散らし、一人出口に向かった。

最初からそこに泊まることをもくろんでいたに違いない夫も、私の大剣幕に押されあとをついてきた。

さて、その時点で5時ちょうど。

出発が9時半だったので、寄り道せず一生懸命歩いたとしても本当に日付が変わる前に帰れるかどうか…。

しかしこんな所で一夜を明かすよりマシとばかりに、懸命に歩き始めた。

それこそオニのような顔をしながら歩いて、歩いて、歩いて、歩いて、休憩もそこそこに歩き続けた。

この季節ヨーロッパは10時ごろまでは明るいが、薄暗く足元が見えなくなってからも(もちろん懐中電灯などもっていない)必死になって泣きながら歩き続けた

結果、日付が変わる前にはようやくホテルに戻ることができたが、もう食事のサービスは終わっており部屋で小さなスナック菓子などを食べ、あとはもう泥のように眠った。

この日以来、この旅行中にライラの笑顔を殆ど見ることができなくなった。

さもありなんだろう。

あんなに小さな犬がよくぞ不平不満も言わず(言う隙も与えなかったのかもしれないが)、あの強行軍についてきてくれたものだ。






P1030243.jpg

今はこうしてすっかり元気になってくれて一安心!

なんか耳毛がボサボサだけど、そういえばさっき激しくタオルを振り回して遊んでたなぁ



郵便ポストが黄色いのは誰のせい!? (ピレネー旅行 7)

居心地最高だったホテルを出発し、今度は同じくスペインの別のホテル(と言っても、今度は正真正銘街道沿いにあるモーテル)へ移動。

本日も移動のみとなったが、途中アラゴンの古都アインサに立ち寄った。






jVGBG4JuCalpFZP.jpg

アーチをくぐり、ようこそアインサへ






nkR2PaklKvKHh56.jpg

町歩きをする前に(と言っても30分足らずで全部見て回れる)、まずは軽く腹ごしらえ

グラスも冷え冷えで、ベルギーではこんな冷たいビールを飲んだことのない夫Mは「お腹に悪い」と舐めるようにチビチビ飲んでいた

私は灼熱のスペインの下、もちろん一気飲み






P1020788.jpg

石造りの町アインサはマンホールまで石を敷き詰めてあり、芸が細かい






G6lxaMo0hf6jH0O.jpg

王子様とお姫様が手を取り合って出てきそうな街角

歩いているとすぐに行き止まりになる






P1020778.jpg

ピレネーの中に埋もれてしまいそうなこんな小さな町もれっきとしたスペインの一部

スペインの国旗を掲げている家も何軒か見かけた






P1020794.jpg

さすがスペイン! 虫まで色鮮やか (ぼやけて写ってますが)

甲虫目の一種だろうが、まさかゴキブリ!?








ここでの郵便ポストの色は鮮やかな黄色で、ポストの色は赤と思い込んでいた私には興味深かった

マウスオンで違うタイプのも見れます(前回のホテルのあった町で見かけたもの)

郵便ポストが赤いのも、みーんな私が悪いのよというフレーズ(ご存知ですかぁ?)はここではあてはまらないようだ

ま、郵便ポストが何色であれ、「自分のせいで」などという殊勝な心根を持ち合わせている民族はノーと言えない日本人(私も思いっきりノーとは言えませんが)ぐらいのものではなかろうか…



今年のオルデサ渓谷 (ピレネー旅行 6)

世界遺産のひとつ、オルデサ(ordesa)国立公園は去年も歩いたところ。

去年は崖側から登ってしまい酷い目にあったが、今年は反対側の裏道(というか、こちらが表道かなぁ?)から上ったところ距離は長かったが大分楽に上がれた。

そして去年は1ヶ月ほど早くてまだシーズン前だったこともあり殆ど人も見かけなかったが、今年はもう大勢の観光客で賑わっていた。

また、このオルデッサ国立公園へは7月になるとマイカーで上り口まで行くことは出来ず、絶対にバスを利用しなくてはならないそう。

ふもとの町から30分程度乗るのだが、その料金は片道18ユーロとバカ高!

私たちが行ったのは6月28日でまだマイカーの乗り入れが許されていたが、多分他の人たちもそれを見越して6月中に…と思って来ていたのだろう。






P1020699.jpg

私たちが行ったときはスペインでは連日40度近くにまで上がる猛暑日が続いていたが、また崖側から登っていたら今頃生きて帰れたかどうか…。






P1020730.jpg

緩やかな渓流沿いを歩いていくのだが、その道もほぼ日影が続いていてとても歩きやすかった






P1020717.jpg

ちょうどここで日本人団体旅行客と鉢合せした

皆が写真を撮っていたので私もつられて撮ってみたが、ここで写真を撮るのではなくカメラマークの矢印のところに写真スポットがあるということだと思うのだが…!?

でも、結局こうしてブログ作りにも役に立った写真に感謝しなくては

このような綺麗な標識がそこここに建てられていて、やはりこちら側の方が表道だったんだ

全く去年の崖道とは大違い!








勢いよく流れ出る滝

マウスオンしてみてください

その横の崖には猛しぶきにも関わらず、強く逞しく咲き続ける花が…

なんだかちょっと感動!






xNqhh00Vr8L3THr.jpg

道で出会った花々 名前は知らねど…






GeciWcQiCl_2v7d.jpg

ずーっと日影の道を歩いていたとは言え、こんな格好をしていてかなり日焼けしてしまった

何日か後にはボロボロの皮剥け状態






8neJnutEBCHu09I.jpg

あ、柵の外側に行ったらダメよ~

好奇心旺盛な冒険家ライラは石段の上を歩きたがった






P1020748.jpg

違う、違う! その人はアンタのオトコじゃないってばぁ

お腹は似てるけど…(^_^;)






P1020740.jpg

そこから直接お水飲むの? むせないかなぁ?

私たちはこの天然のミネラルウォーターをペットボトルに補給した






P1020754.jpg

日なた道で木陰を見つけると、すぐ入り込もうとするライラ

暑くてハァハァ舌が出っぱなし



リラックス デー (ピレネー旅行 5)

今度はバスクからスペインに入った。

この日も移動のみだったが、お昼過ぎにはホテルに到着し、午後中のんびり過ごした。

このホテルには2泊したのだが、いつも民宿やモーテルを泊まり歩いている私たちにとって、ここはなんだか勿体ないようなところ。

ここしか犬連れを認めてくれるところがなかったので仕方ない(スペインではどこの施設でも犬に関して非常に厳しい)が、中規模の4つ星ホテルで日本人の団体旅行客にも遭遇した。

窓からは雄大な山々の景色が見え(これはどこの民宿に泊まったときでも同じだったが)、シャワールームも清潔でお部屋の中は広々としたつくり。

ランドリーサービス(利用はしなかったが)もあり、さすが小金持ちの日本人観光客が利用するホテルといった感じだ。
そして地下には有料だがリラクゼーション・サロンがあった。

貧乏な私たちはその有料施設を利用することはなかったが、プールは無料で使えたので思う存分楽しんだ

スペインでは犬に対して厳しい決まりがあると言ったが、このホテルも犬と一緒に泊まるのは認めているが、ホテル内のレストランには立ち入り禁止。

そういえば、ガスステーションに寄ったときもそこのおじさんに「スペインでは車の助手席で犬を膝に抱いて座っていると80ユーロの罰金を課せられる」と教えられた。

じゃあ、後部座席でシートベルトでも閉めさせてればいいのだろうか(?_?)

私が思うにプールにも犬は入ってはいけなかったのではないかと思うが、たまたまライラが入口に立ってる係りの人に見えなかっただけかもしれない。

(あ、もちろん水の中には入れてませんよ~)






P1020677.jpg

チェックインの間ウェイティングルームで待っていたが、ウェルカムドリンクのサービスはなかった

☆がひとつ足りなかったか…






P1020665.jpg

プールサイドを駆け回るライラ

そういえばプールに犬がいる光景って見たことないなぁ






cT3_fofDpkzPLtA.jpg

うーん残念、ここには写っていなかったか…

でも確かに見ましたよ~ サングラスして読書をしている欧米人!!!






SrDuW1sBxyB33ip.jpg


頭隠して尻隠さず!?

これは顔を修正してもはじまらないとは思うのだが、もしかして不適切写真とみなされないだろうか

あ、しかし、ここで発見! 私の後ろ見て下さい

サングラスこそしていないが読書しながら寝そべってるおじさん






P1020674.jpg

うわっ、またまたお見苦しい夫のメタボ腹

でもライラがあまりに楽しそうだったので…






P1020675.jpg

あらあら、そこは違う人の席でしょう

ライラは勝手にのっかっちゃってるけど、もし私が勝手にドカッと座ってたら…(ー_ー)!!






P1020676.jpg

ホテルのすぐ背後にはオルデサ渓谷が…

明日はこの山に登ります



怖い道 (ピレネー旅行 4)

「今日はエツォー村を出発して、怖い道を通る」と夫が言った。

怖い道というのも彼がわざわざ日本語に置き換えて説明しようとしたもので、またまた本来の名前はわからないまま。

その道とは岩山の断崖絶壁の斜面を人が手で掘ってくりぬいて作った道

うーん、言葉で説明してもよくわからないと思うので、下記に写真を載せておく。






P1020640.jpg

たまたま看板を写真に残しておいたのでわかったが、このETSAUTというつづりをエツォーと読めるだろうか?

私がいちいち地名を書き留められなかったのも無理はないと、またもや深ーく納得しているところである






P1020657.jpg

前回の怖い橋でも見たが、この赤と白のラインはGR(GRANDES RANDNEES)といって、フランスハイキング連盟によって整備された長距離ハイキング道だそう

従って、これを目印に進んでいけば迷うことはないのだが、それでも迷ってしまえる私たち…

白と黒のウォーキングスティックは夫のものだが、私は歩くときかえって邪魔になるのでウォーキングスティックは使わない






P1020648.jpg

岩山にへばりつくようにして作られた要塞

後に牢獄としても使われたようで、人里と断絶されたおどろおどろしい雰囲気

現在は週に一度だけその門戸を開き中を見学できるようだ






P1020649.jpg

これが山の岩肌をくりぬいて作った怖い道

こちらも普通に歩いていて下を見下ろさない限り、怖いとは全く感じない





P1020652.jpg

この角度からの方がわかりやすいか、一直線に切り立った崖を掘って道を作ってある

やはり全容を見ると身がすくむ






P1020653(1).jpg

ラ、ラ、ライラちゃーん、あんまり端っこ歩かないでね

こんなとこから落ちたらどうすんのよ!

実際に3年前に行方不明になったまま、その遺体もまだ見つかってない男の子がいると案内板のところに張り紙があった






sYqyUuBGuQgYhL0.jpg

涼しい顔で歩いているが、あのでこぼこの道で足の裏が痛くならないのかなぁ?






P1020656.jpg

道に大きなリュックサックが置去りにされててこんな所で忘れ物?と思ったが、そのすぐ下の崖にはロープが張られていて、ロッククライマーたちがいた

ここは彼らにとっての格好の岩山であるらしく、他にも数名見かけた



     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR