スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い鯛焼き (第2章)

その白い鯛焼きの粉をもらったという彼女、実はネットからパピヨンつながりでお友達になった。

ワンちゃんの飼い主さんからは、「この子のおかげで交友関係が増えて…」という話をよく聞く。

本当に私もそのとおりだと思う。

私もライラのおかげでいろいろな方とお知り合いになれて嬉しい限りだ

ライラの前には猫を飼っていて、やはり非常に猫っ可愛がりしていたが、特に交友関係が広がったということはない。

まぁネット上でこういう活動もしたことはなかったが、猫の飼い主さん同士でつながっているネットワークももちろんあることだろう。

しかし、やはり猫を連れてお出かけというのはほとんど聞かないし、仲間同士が集っておしゃべりという機会も少ないのではないかと思われる。

ライラ本人にはまったくそんな気はないであろうが、そう考えると「飼ってあげてる」ではなしに「飼わせていただいている」という気になってくる。






そういえばライラつながりで、あるおじいさんとも知り合いになった。

毎日お散歩で通る道に彼の家があるのだが、彼の飼っている小鳥もライラという名前なのだそうだ。

その小鳥は「鳥の鳴き声コンテスト」(時間内にどれだけ長く美声で鳴くかを競うもので、春になるとあちこちの広場でよく行われる)に出場させるために飼っているらしい。

が、私には「ライラ」というとうちのライラしか思い浮かばないので「んん?なんか違う…」という気がする。

まぁ鳥類か魚類かと問われれば、まだ鳥類に近いような気がしないでもないが…(~_~)

暖かくなると彼はカゴに入ったライラを戸口に出し鳴声強化訓練を図っているのだが、

いつもは見知らぬ人間、犬、猫、鳥などを見るとワンワン大騒ぎするうちのライラも、そのライラの前を通るときにはチラ見するだけで何事もなかったかのように通りすがる。

同じ名前同士なのにつれないそぶりとも思えるが、彼女にとって吠え掛からないというだけでも自分のテリトリー内での活動を許容しているということか…。








アタシは仲間が増えるよりチーズが食べれればそれで幸せよ!

P1010850(1).jpg







チーズは? ねぇ、チーズはぁ~?

P1000412(3).jpg







この上かしら?ん~、真剣そのもの…

P1000413(1).JPG






あれ?今回はあまりにも白い鯛焼きから話がそれてしまった…。

次回は必ず白い鯛焼き話に戻ります!



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。