スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15/08/2010(zo.)

先週金曜日の夜9時から土曜日の夜9時まで24時間ぶっ続けで夫が100キロウォークを制覇した。

DODEN TOCHT(死のウォーク)と呼ばれるほどの過酷なもので、今回は実際に心臓発作で亡くなった人も一人いたぐらいだ。

要所要所では食事をしたり休憩をしたりする時間はあるようだが睡眠は一切とれず、いくら健脚といえども寝ること大好きな私にとっては先ず無理だろうなぁ。

土曜日の夜は現地でテントの中で寝て、日曜日の午前中にヨボヨボしながら帰ってきた。

そんな身体でも姑との楽しいランチを休むことはない。

彼が「ほら、こんなに足パンパンになっちゃった」と見せると、姑は「あら、私もよ」と象(ぞうさんに申し訳ないが)のような足を差し出した。

彼女は足の血管が詰まりやすいという病気があるが、あの足はむくんで腫れていたためにあの太さになっていたんだ、だから本当の足はスマートに違いない。

私は遅まきながら本当の理由に気がついた。

でも、あのおなかは?お尻は?胸は?

やはり病気で腫れているのだろうか…。






午後からは気を取り直してスープ作りをした。

P1010211(1).jpg

家にある野菜をとにかく混ぜただけで「何スープ」とは呼べないが、まあ、野菜スープ

カリフラワー、ズッキーニ、トマトは庭から取ってきて、ポテト、ミックス野菜のビン詰めはストックがあった




P1010213(1).jpg

いつものように大量に作って冷凍保存する予定だったが、冷凍庫がまだない(もうお店には商品が届いているらしいが、うちの電気配線の問題で滞ったまま)ことにつくってから気がついた

多分明日の夕方には首尾良く行くであろうことを期待している

でないと、この量が無駄になってしまうではないか…




P1010212(1).jpg

自家製のクルトンをうかせてみた

それにしてもこの「soep」と書かれたカップ、なんと自己主張の激しいことか…

これではスープ以外のものは入れれない

底が深くていろいろな用途に使えそうなのになぁ

スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。