スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別行動 (ピレネー旅行 11)

あの強行軍の日以来、毎回「さ、出かけるよ!」と言うと、しり込みしてしまうようになったライラ。

昨日のガヴァルニーでは全工程歩いてくれたが、今日も夫Mは別の山のシルクへ向かうという。

もう私にはどこのシルクを見ても同じようにしか見えないのだが、これって感性が足りてない証拠!?

それはさておき、ライラの朝の様子ではちょっと今日は山登りは無理だろうと言うことになり、私はライラを連れて一人ガヴァルニーの村で遊ぶことにした。

遊ぶと言っても15分で村内を回ってしまえるし、時間が余って余って…。

暇つぶしの方法が全く見当たらなかったのだが、それでもあの狭ーい民宿の部屋に一人でいるよりは100倍マシ!

ということで、村にひとつある小さな教会で不謹慎にもお昼寝をして過ごしていた。

そこは殆ど人も訪れず心置きなくお昼寝できたのだが、それでもたま~に観光客なども来たりして、犬連れで一人コックリコックリしている東洋人の女を見て、皆奇異に思ったことであろう。






P1030028_20120720175934.jpg

私が巣食っていた村はずれにある小さな小さな教会






P1030037_20120720175933.jpg

中は始終明るいわけではなく、入るときに自分で電気をつける

2~3分後自動的に明かりが消えるというシステム

木の椅子に長々と寝そべってまるでホームレスのようだったが、こんな失礼な私にマリア様のお慈悲は見込めそうにない






p2voQGoWQgZi9cc.jpg

失礼といえばライラも失礼で、祭壇の上を駆けずり回っていた

こんなところを熱心なクリスチャンに見られたら、張りつけの刑に処されることだろう アーメン






P1030026.jpg

すごーい、日本語発見!!

小さな村とはいえ、日本人観光客もこぞって…ではないにしろ、少なからずやってくるに違いない

昨日会った山ガールのお二人さんもここに宿泊していたのかなぁ?






P1030017_20120720180037.jpg

チーズ屋さんの前を通ると、「マドモアゼル(お嬢さん)!」ではなく、「マダーム(奥さん)!試食していったら?」と勧められた

ライラに試食させてやったら、どれほど喜ぶだろう






P1030012_20120720180037.jpg

ウォーキングスティックの頭の部分にはこんな可愛らしい彫り物が






P1030021_20120720180036.jpg

途中スーパー(といおうか、何でも屋さん)でポテトチップスを買ったが、封の部分がこんなにパンパンに膨らんでいた

さすが高地で売られているポテトチップス

心なしか普通よりもパリパリ感が増していたような…?



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。