スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁に耳アリ 障子に目アリ

1ヶ月近く前の話であるが、その頃毎日のように朝10時半になるとグリーンハウスの屋根を開けるのが私の仕事になっていた。

我が家のグリーンハウスというのは、ちっちゃな小屋ぐらいの大きさで全面(もちろん屋根も)ガラス張り。

これは温室効果をもたらすものだが、太陽が当たりすぎると室温があまりに高くなってしまうため、少し外気を入れてやらねばならない。



ある日、「もしかして最近、ライラもハウスの中に入れてない?」と夫Mに聞かれた。
「そ、そんなん入れるわけないやん!」ととっさにシラをきったが、まぁ思い当たるふしがないわけではない。

「ふーん…?」と私の答えに懐疑的な余韻を残したまま、その話は打ち切りになった…というか強制的に打ち切った。



翌日、いつもどおりハウスの屋根を開けるとき、地面を見てびっくり!

そこには…






P1020310.jpg

くっきりとライラの足跡が残っていた!  (ブルーチップは肥料です)

夫Mのあの思わせぶりな目を思い出し、「あのオトコ、知ってて知らんフリしやがった!」とひとり憤慨するやら赤面するやら…。

私としても故意にライラをハウスの中に入れたわけではないのだが、多分チョコチョコと私の後ろをついて回っていたときに踏み荒らしていたに違いない。






P1020335.jpg

うん、この足跡とぴったり一致するわ!

これぞまさしく動かぬ証拠!!

しかし、ご当人は…






SyRjjsbqPIrLbvy.jpg

この不敵な微笑み… あくまでもシラをきるつもりのよう。

が、やはり悪事はいつか必ず発覚するもので、






epPPWIZELbUC56e.jpg

その時の一部始終をうちの半野良半家猫に見られていたようだ。






P1020311.jpg

おかげさまで、現在はライラが踏み荒らした地面にも一面ほうれん草が生えはじめ、夫Mは嬉しそうに「今年もほうれん草、元気みたい!」と私に報告してきた。

「やっぱりライラが地面を踏み均した(いつの間にか踏み荒らした踏み均したにかわっている!)のがよかったんじゃない?」と、ホッとしつつも急に態度が大きくなった私である





P1020312.jpg

今年は試験的にイチゴも植えてみたようだ

私が思い浮かべるイチゴは畑にズラーっと植わっているものしか想像できなかったが、このようにプランターを縦に並べていけば(もちろん後ろは針金で固定させてある)、狭い敷地の有効利用ができるというもの。

「なかなかいいアイディアね!」と褒めてあげると、彼は相好を崩して喜んでいた。

単純なヤツ!






P1020313.jpg

今、ひとつひとつのポットではこうして幾つかの花が咲き始めている

今回成功したら、来年はもっとプランターの数を増やすそう。

がんばれ~~!!!

この形態ではライラは参加できないが、彼女もかげながら応援していることだろう。








うちの近辺ではこのタイプのが一番ポピュラー。

我が家の木はもう葉桜になりかけているが、まだ蕾のまま咲いていない桜の木もある。

イースター以降、急激に冷え込んしまって、せっかく咲こうとした桜の意思を鈍らせているのかもしれない。

マウスオンするとアップで花が見れます。








こちらは庭のそこここに雑草のように生育しているブルーベル

ヒヤシンスの野生種でいろんな種類があるそう。

まだまだ咲きはじめだが、これが大群になって咲くとブルーのカーペットを敷き詰めたようでとても美しい。

よく森の中で見かけたりするのだが、また機会があればお見せしたい。

こちらもマウスオンでアップの花の写真が見れます。



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。