スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイニーズ・テイクアウト

我が家では1~2ケ月に一度の割合で中華料理のテイクアウトをしている。

そのお店は「パンダ・ガーデン」といって看板にも「熊猫」と描かれており、パンダは太極拳とともにまさに中国を代表するものであろう????

私の中国に対してのイメージは「お金大好き」、「派手好き」、「何でもアリ」とかあまりいい印象は浮かんでこない。

あっ、中国人の皆様どうかお許しください。

これらは全くの私見ですので、言い方によって大分違うと思います。

「お金が好き」そうなのも裏を返せば「経済観念が発達」してらっしゃるのだろうし、「何でもアリ」のように見受けられるのも多分「寛容なるお心」がそうさせているのではないでしょうか…と、苦しいフォロー(^_^;)

とにかく、どうかチャイニーズ・マフィアなどの刺客を私に放ったりしないで下さいね♡…と、これもテレビの見すぎ!



ま、それはさておき、こちらでの中華料理というのはチャイニーズ・ファーストフードのようなもので、お店で待っている間にすぐに出来上がる。

それもそのはず、トマトソース、カレーソース、甘酢ソース、バーベキューソースなど7~8種類のソースはあらかじめ用意されており、それを焼いた肉(チキン、ポーク、ビーフ、ダックの4種類の中から選ぶ)、または魚(こちらもエビ、イカ、白身魚、カエルの足の4種類の中から選ぶ)と絡めあわすだけ。

各々のディッシュには焼き飯か焼きそばがついている。

あとはスープと点心を添えれば、立派なディナーになる。

あ、たしかデザートは売ってなかったなぁ。

あれは中華料理というより、「チャイニーズ」という新しいジャンルのお料理と考えた方がいいようだが、ここに住んでいる本場中国人の人たちはあれで納得しているとは思えない。

多分、彼らの各家庭ではもっと本格的な中華料理を食べているのだろう。






P1020213.jpg

これは「熊猫」のメニューの表紙

パンダが熊猫なら…






パピヨンは

yM8zEMsKEJSIBqD_20120229225428.jpg

「蝶耳犬」と書くのではないか…と、また勝手な想像(~_~)






そして、私がこれだけは許せないと思う表示

lqH4DrZd_JWoc6F.png

Haaienvinn→Shark fin→サメのひれ→フカヒレということだが、このスープに入っているのはなんと春雨





私は常々これについて異論を唱えたかったのだが、彼ら中国人を敵に回してはまずい。

かといって、本物のフカヒレを知らないベルギー人の夫に代弁してもらうのも全く説得力がない。

こちらに住んでいる中国人は皆「春雨をフカヒレと呼ぼう!」と口裏を合わせているのだろうが、私は騙されない!

騙されないが、確かにフカヒレの食感と春雨の食感、似ていなくもないような気がする。

そして、ついには「よく考えたものだ」と逆に驚嘆してしまうのである。

まぁ、ここでは春雨だってフカヒレと同じぐらい手に入りにくいものだし、私はきっとこれからも春雨をフカヒレと思って食べ続けていくことであろう

ただ、今後もしも本物のフカヒレを食べる機会があったら…ちょっと切なくなるかもしれない(._.)



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。