スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都 奈良

今回より帰国中のお出かけについてボチボチ書いていきたい。

旅行後にパンフレットや撮った写真を上手に組み合わせて、誰が見ても楽しく興味深いものを作ったりする人もいるが、私にはそういうクリエイティブな才能が欠落しているようで、ただの事実の羅列になってしまう。

ま、自分の備忘録として、あとは私のことを少しでも気にかけてくださってる方たちに対しての報告として、見てもらえれば…と思う。



まずは奈良へ行ったときのこと。

友人との待ち合わせ時間に1時間以上早く着いてしまった私は、ツーリスト気分マンマンで駅周辺を散策しはじめた。

近くには興福寺があり、今年の特別公開は三重の塔と北円堂。

せっかくなので中も拝観してきたが、その拝観料が「阿修羅ファンクラブ」の会員は何割引かになるそう。

フ、ファンクラブ…?

う~ん、確かに「仏像ブーム」とは耳にしたことがあるが、芸能人並の扱いを受けて騒がれている阿修羅様もきっと今頃苦笑いをされていることであろう。

ま、キャーキャー騒ぐ対象物は人それぞれだし、私自身も通りすがりのワンちゃんやネコちゃんを見かけるとつい「カッワイイ~♡」と叫んでいる。






そういえば、こちらはならまち(奈良町)を歩いているときに民家の戸口で見つけた猫

中に入り損ねてしまったのか、戸が開くのを待っているよう

うちの黒猫も中に入り損ねたとき玄関のドアのところで大声でわめいているが、このネコちゃんは静かに置物のように佇んでいた

P1010079.jpg






奈良といえばこの鹿なくしては語れない

おせんべい売りのオバサン、看板で商品を囲って鹿の侵入を防いでいるのかなぁ?

P1010020.jpg






鹿は堂々と公道も闊歩している

こういうところを我が家の「ケンカ売りの少女・ライラ」とお散歩でもしようものなら、鹿にぼこぼこにされているに違いない

この奈良の鹿さんたち、観光客慣れしていて相当根性が座っているように思う

P1010024.jpg






ひとまわりして待ち合わせの奈良駅まで戻ってきた

ここは駅前の広場

P1010026.jpg






まずはランチをということになったが、私にはこういう「和定食」の味、本当に懐かしい

こういう細々とした食器に様々な種類のものを盛り付けて、あとで洗う手間を考えたら自分では到底出来そうにない

まさに料理は視覚から…というのを感じる瞬間である

P1010027.jpg






さて、次は本日のメインとしていた雅楽を見に行った。

年に一回、春日大社神苑内・萬葉植物園にある浮舞台で行われるそうだが、以前に日本のテレビニュースで見て以来、ぜひ実際に見てみたかったものだ。

期待通り、いにしえの奈良の雅を十分堪能させてくれるものであった。

前半は管弦の部、後半は雅楽の部というように2部に分かれていて、開園時間は約2時間とのこと。

とはいえ、別に知り合いを応援しているわけでもなし、おまけにカメラが撮りやすいように立ち見席を選んだので、だんだん疲れてきた。

と思っているうちに、なんだかお天気が悪くなり始め、今までグダグダ(失礼な!分かりやすく説明しようとしてくれてただけなのに)言っていた司会者(神主さんだったのかなぁ?)がテンポアップしてくれたおかげで少し時間が短縮されたようだ。

もしかして雨が降ってくるのではないかと心配していたが、そこは同行の友人・自他共に認める晴れ女のおかげで、その後も全く雨には降られなかった。

何しろ彼女、直撃するはずだった台風の進路まで変えてしまったというツワモノ!!

てるてる坊主などより彼女を軒先に吊るしておけば効果絶大だろう(^^)v






これが浮舞台における雅楽演奏

写真を見るとあの優雅な演奏が耳によみがえってくる

P1010033.jpg






こちらは四人舞でいろいろ意味があるようだが、司会者の説明をボーっと聞き流していた私にはよく理解できなかった

P1010065.jpg






帰り道にカフェで一休みしたが、ここは細い路地を入っていった先の見つけにくい場所にあった。

しかも土・日しか営業していないという。

ホントに民家にお邪魔したというような感じで、何席かあったテーブルに置かれていた座布団もありあわせのようでまちまちだった。

が、それもまた暖かい感じがして…。






シュークリーム(カスタードクリームと生クリームのコンビネーション)とアイスティー

チョコレートパウダーでなにやら模様が…

P1010074.jpg






ははぁ、さっすが奈良!鹿さんをかたどってある

なんとも心憎い演出だなあ

P1010075.jpg






ななまち(奈良町)を通り駅まで戻ったが、この赤い球のような飾りをよく見かけた

前出の猫の民家の前にも吊るされていたが、身代り申といって厄除けの意味があるそう

そういえば、飛騨高山でもこれと同じようなものを見かけたような気がする

P1010076.jpg






私も一つ小さいものを購入したが、その時に願かけを書いた紙を提出した

期限が1年ということだったが、また更新に行かねばならないのだろうか?

それにしてもこのお申さん、なんとまあアクロバティックな態勢を取らされてること!

うぅ、おなかつりそう…

P1010885.jpg






しょっぱなから長々と書いてしまいました。

これからしばらくは申しわけありませんが、コメント欄は閉じさせていただきますね。

メールフォームはあけたままにしてありますので、いつでも声かけていただければ嬉しく思います<(_ _)>



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。