スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない間に…

ある日海辺の町の警察からお手紙が届いた

お手紙といっても時候の挨拶ではなく、罰金の督促状である。

「何これ?」といぶかしく思って中を見てみると、

「○月○日○○にて○時より○時の間、駐車違反のため金70ユーロ直ちに支払うように!」との高飛車な請求内容。

いや、高飛車というか向こうにとっては正当な要求であろうが、私たちにとっては少なくとも私にとっては高圧的な態度に思えた。

今まで何年も海に遊びにいったときには必ずそこに駐車していたが、全く問題なかった。

よって前回も同じ場所に停めたのだが、知らぬまにルールが変わったのだろうか?

それを確かめるべく、昨日の日曜日はちょうどお天気も良く絶好の海日よりであったので、お昼から海へ出かけた。

そして到着し、近辺を見わたすと、ところどころにパーキングチケットの機械があり、そこには工事期間中のため、4月8日から9月26日まではチケット入用と書いてあるではないか。

いつも気にせずに駐車していたので全く見落としていたんだなぁ。

それにしても、警官が立って注意してくれるとか、その場に駐車してそのまま立ち去る前にはアラームが鳴るとか、そういう細やかな心配りがあってもよくないか…。

ま、こちらの完全なる落ち度なので今更わめいても仕方ないが…。

とにもかくにも、真相がわかってスッキリした。







これがパーキングチケットを買う機械

コソコソと隅のほうに置かれているでもなく、堂々と人目につきやすいところに置かれていた

それもなんとなく悔しい(-"-)

P1000835.jpg







さて、いざビーチに来てみたが、夫Mは膝の故障のためとてもじゃないが柔らかい砂の上は歩けなかった

そこでライラと2人きりで海岸をお散歩してきたが、引き返し地点までのライラの歩きの遅いこと遅いこと。

何度も後ろを振り返りオトコ(夫M)が来てないか確かめ、普段なら片道30分ほどの道のりをコ1時間ほどかけて引き返し地点まで歩いていった。

対して、帰る道のりの足早なこと!

私が小走りで歩かなければならないほどで、20分ぐらいで着いたのではないか\(◎o◎)/!

ふん、そんなに私と2人きりでお散歩するのがイヤなんかい







昨日のビーチは引き潮だったので、普段海の下に隠れている遠くの岩山もはっきり見えていた

P1000826.jpg







これはもちろん帰り道でまさしく浮き足だっている

P1000829.jpg







「あら~、女の子が海辺の温泉に入ってるみたいね」と横にいるはずのライラに語りかけると、彼女ははるか前方を走っていた

P1000831.jpg







カフェで待っていた夫Mを見つけるや否や、尻尾を高速回転させながら猛突進!

P1000834.jpg







********************


今回コメント欄はお返しに伺えそうもありませんので、意図的に閉じさせていただきました。

夫の膝のことについて少しふれましたが、どうもただ単に中高年によくあるような膝の痛みとは違うようで、今週詳しく検査する予定です。

ひとりで考え込んでると悪いほうへ悪いほうへ考えがいってしまい、きっと皆様とお話してるほうが気が紛れていいのかもしれませんね。

いつもコメント欄を通じて親しくおしゃべりさせていただいている皆様、及びお互いのブログ間をよく行き来させていただいている皆様へ、

 ………ご訪問・コメント等どうかもうしばらくお待ちくださいね。

いつもメールを通じて懇意にお話させていただいてる皆様へ、

 ………誠に申し訳ございませんが、お返事が遅くなってしまいそうです。

ではまた、途中経過を報告しには立ち寄りますね。




スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。