スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光ガイド

近くにある観光地というものはなかなか訪れないものである。

今回、ベギンホフ女子修道院)についてブログの記事にしようと思い立ち重い腰を上げた。

ベギンホフは中世ヨーロッパの時代、男性が戦争のため遠征して町を離れている間、残された女性たちが集って共同生活を行ったことからはじまった、ベルギーのフランダース(フランドル)地方特有の自治体である。

よくベギンホフは修道院と訳されることが多いが、厳密な意味での修道院ではない。

彼女たちは個人財産の所有や脱会による結婚も可能であったが、その生活は神秘主義的な瞑想を基本とした、いわば準修道会的存在であったという。

現在も30箇所以上のベギンホフが残っており、ベルギー政府から推薦された26箇所のうち、13箇所がユネスコの世界遺産として登録された。

私が今回訪れた隣の市(コルトレイク)にあるものも世界遺産の一つである。

ベギンホフはフランダースの原風景ともなるべき存在で、そのひっそりとしたたたずまいには独特の魅力がある







ベギン会修道院は街によって少しずつ違うが、白塗りのレンガの家々が中庭を囲み一つの小さな街を形作っていることが多い

規模もそれぞれだが、コルトレイクのものは一周10分程度で歩けてしまう

入口には門がありそこにはこのような看板がかかっていいるが、しらずしらずのうちに外の路地へでてしまうこともある

まぁ、入場料が要るでもなし、一向に構わないが…

P1000593.png







全て石畳の道

P1000594.png







白いレンガの塀はいつも下の方だけ黒く塗られている

理由を知りたかったが、どこにも説明が出ていない

夫に聞くと「ただの昔ながらの伝統なんちゃうん?」と言うが、私としては「害虫よけ」のためとかそういう明確な返答が欲しかった…

P1000604.png







ブルージュの中庭はナルシス(水仙)が咲き乱れ、あまりにも有名

また、ヘップバーンの映画「尼僧物語」の舞台ともなり、フランダースで最も訪れる人の多いベギンホフだろう

ただ、あまりに観光客が多くベギン会のもつ静謐さから程遠いが、ここコルトレイクのものは本当にひっそりしていて、市街地の喧騒とはかけ離れた世界だ

P1000601.png







現在は一般の人や修道女が住んだりしている

あとミュージアムとして中を公開していたり(コルトレイクには残念ながらなかったが)、一般人への宿泊施設としても使われてもいる

P1000602.png







マルセラおばさんもまさかパピヨンとお散歩する羽目になるとは思わなかったであろう

あ、親しくマルセラおばさんなどと呼んでいるが、もちろん彼女とは面識がない

彼女はコルトレイクのベギンホフで暮らした最後の女性ということで銅像が建てられた

P1000597.png







今回、私にしては大真面目に観光案内をしたつもりだ。

大体ブログを書き始めて1年以上にもなるが、これほど予備知識をいれて書いたことがない。

もしかして観光ガイドにでもなれるのではないか。

あ、観光ガイドで思い出したが、以前にインドネシアのある寺院を訪ねたときに、私たちのあとをいかにも貧相な男性がつかず離れずの距離を保ちながらついてきた。

その寺院の中には建物が点在していて、ところどころその男性は「ここは○○といいます」と口を入れてくる。

い、いや、そんなことパンフレットにのってるし…と思っていたが、ああ、多分この人はボランティアでガイドの真似事をしようとしてるんだとわかってきた。

そして、一緒に歩いているうち幾つか質問を投げかけてみた。

すると、「さあ?」とか「多分…」とかいう答えばかり。

ま、この人はボランティアなんだし…と思いつつ、ついに出口へやってきた。

するとその男性はどうどうとガイド料を請求するではないか

げっ、あんなガイドぶりで料金とろうとするの?と思ったが、夫はその男性が何日間か家族を養っていけるだけの金額を渡していた。

別にこっちが頼んだわけではなく自分から勝手についてきたのに、何という見あげた根性であろうか。

よし、私も彼を見習って今日からベギンホフの入口に立ち、観光客のあとをついて回ろうかしらん?

そして、ところどころでチャチャをいれ…。

先の彼よりは自分でももっと勉強していると思う。

しかし私には彼のような根性がないので、出口に来ても「じゃあ、さようなら!」で終わるだけであろう…(._.)



スポンサーサイト
     

コメント

こんばんは♪

yuyuさんのブログを見始めてから、そう言えばこういう記事にはあまりお目にかかったことがないかも、です。
私の下手な観光ガイド記事に、「写真を見ながら旅行した気分になりました」というコメントをいただくと、まぁお世辞とわかていても嬉しいものですが、今回は、そのまんまyuyuさんにこの言葉を贈りたいです。

壁と地面の境を黒く塗るのは虫除けなの?
雨が降ったときのはねを目立ちにくくするためかなと思いました。

マルセラおばさんにリードを持たしてあげたのね。
何かご利益があるかな?という話じゃないですね。

そうそう、自称ガイドって多いです。
でもそういう方にもちゃんとお金を払う人、いるんですね。
友人もそうなんですよ。「一応説明してくれたから」とか言うんです。頼んだわけじゃないのにね。
文化の違いですかねぇ・・・。

マセラおばさんがライラちゃんのリード持ってるーw(゚o゚)w オオー!
違和感ないね。マセラおばさんも一人で暮らすよりワンちゃんと暮らしたら
何倍も楽しかっただろうと思います。

30か所もこういう施設が当時のまま残されいるなんてすごいわ。
今もここで普通に暮らしている人もいるんですね。
中世にタイムスリップしたみたい。

白い壁の黒い部分は、雨が降った時の泥はねを目立たなくするためだと思うんだけど…

私はどこか観光(旅行)するとき、ネットでいろいろ調べるんですが、
時々どなたかのブログがヒットすることがあって、
yuyuさんみたいに書いてあるととても参考になるんですよ。
観光ガイドしてくれたようなものです。

ベルギー旅行するのにベギンホフを検索して、yuyuさんのブログ見て行った人が、
あらっあのパピヨンちゃんはどこかしらって探すかもしれませんよ。

観光地に行ったら、なんちゃってガイドさんにひっかからないように注意しなくちゃ。



こんばんわ。
ベギンホフ。全く知りませんでした。
白い街並み、綺麗ですね。

こういう街並みは、ずっと残してほしいですね。
日本の古い街並みも、残してほしいな~。

素敵な町並みですね~。
なかなか海外に行く機会も持てないので、
こういう風にブログで身近に拝見出来るのは楽しいです(*^^*)
あはは。ライラちゃん、マルセラおばちゃんの処で
お利口さんですね♪ 

こんにちわ

とってもいい感じの建物ですね~修道院なのに隔離された感じが全くないのね。モンサンミシェルみたいに。。
無料で入れていつの間にか出てしまうんだ~
ライラさん良いお仕事していますね。
観光ガイドさん読みながらそうかな?と思いました。
カンボジアに行った時子共がいっぱい付いてきました。
でもお金もっているんだから感謝してあげた方がいのか、このくらいでお金がもらえると思ったらいけなののか分からなかったわ。あげても良いのね。

うわあ。 ステキー。
yuyuさん! いいですよ、こーゆー記事!
ステキな写真、たくさん見たいです♪
ところどころ白く塗った塗料がはげてたりするところや、
建物もステキだけど、その道。
石畳? レンガ畳? 
建物と道がとてもマッチしてますよね。

こういう日本にはない風景が見られるなんて
うらやましい!
もし、もしも、ベルギーに行く機会があれば
yuyuさんにガイドをお願いしますよ♪

お礼はヒアルロン酸でいいかしら(^_^;)

ベギンホフに行ってみたいな。いつか1人で(笑)
その時はyuyuさんにガイドをお願いしますね。
お礼は…ライラちゃんがマネージャーさんなのでライラちゃんにチーズでも♪yuyuさんにもチーズでいかがかしら?(笑)

そんなガイドさんがいるんですね。トイレでお金を請求されるくらいばかばかしい感じです。
私だったら、せいぜいわんこをベンチの上に乗せてパシャリだと思うけど、マルセラおばさまにリードを持ってもらうなんて、ナイスアイデア♪とっても絵になっています。いい子ね、ライラちゃん^^
建物の下の方だけ塗られているのって、私はおしゃれなのかと思いました。ドアと窓わくとってね。でも泥除けなんですね。
みなさん物知りだわ・・・・(汗

yuyuさん、ガイドさんになって下さい。
そしたら、指名しますから。
ベギンホフ、凄く興味有るなぁ。
それに建物が美しいですね。
南欧を想像してしまいそう・・・

yuyuさんおはようございます!


本当に観光に来たみたいな気持ちになりました。
石畳の街並が素敵!

さすがに建物、風景本当に行って見たいわ!!

そのガイドさんに最後、支払ってあげて・・
旦那さまお優しい!
私なら払わないかも(;^-^)

付いてまわる根性もみならわないとこの時代はついていけなくなるのかな?

yuyuさん十分観光出来ますよ(^0^)♪

こんにちは。
本当にそうですよね。私は北海道出身なのですが、住んでいた頃には
まあ、適当にしか旅行をしていませんでした。それが今になって、
わざわざ旅費を掛けて数年に一度は旅行に行っていると本末転倒な
事をしております。北海道にも修道院がありますけど、やはり世界遺産
になる方は素敵な建物が多いですね。
こちらでも、クッキーなどが作られていて、販売されているのでしょうか。
Secre

     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。