スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真館

こちらの田舎でも各町に最低一件は写真館がある。

写真館といえば、日本の田舎町にあるようなレトロな店構えを思い出すが、ここで見かけるのはフォトギャラリーといったほうがしっくりくるような華やかさ

しかし、つい先日、隣町で目のやり場に困ってしまうような写真の陳列を発見した。

こんな田舎町の青少年があんな写真を見てもいいのだろうか?というようなウエディング・フォトだ。







これが問題の隣町の中心部にあるフォトギャラリー

サイズ変換_P1000524







ウインドウ越しに、しかも人の目を盗みながらすばやく撮ったので写り具合は勘弁して欲しい

この写真はモノクロで撮られていたので、私も同じくモノクロで撮ってみた

写真の写真を撮るなんて考えてみればおかしなものだが、絵画の模写と思えなくもない…ことはないか

サイズ変換_P1000526







おお、衝撃的

しかし、これは思わず新婦の二の腕の太さに目がいってしまう

まあ、彼女が恍惚の表情を浮かべていないだけでもよかった

もし首をのけぞらせていようもんなら、今頃は違う雑誌に掲載されていたであろう

サイズ変換_P1000527







それにしても、こういう写真を店先に飾るということはそれだけ需要があるということなのだろうか?

そして、それを注文するとき、新郎新婦(いや、結婚を控えた二人とは限らないかもしれない…)はどういうふうに頼むのだろう?

「あの店先に飾ってあるポーズで2枚お願いします」とお客が言うと、

「えっと、どの分でしょうか?」と店主。

「ほら、あの新郎が新婦の足を持ち上げてキスしてるシーンと新郎が新婦を押し倒しているシーンです」と、はっきりとその場面説明をするのだろうか?

そんなことは大きなお世話なのかもしれないが、私の想像(…ではなく妄想でしたね)はまたまた膨らんでいく。







私も結婚のときには、日本では和装の写真だけ撮った。

お決まりの新婦が椅子に腰掛け新郎がそのうしろに立つだけというオーソドックスなものだ。

しかし、あの文金高島田の花嫁さんメイクをするまでには何時間も要した記憶がある。

もし、その時に前述のポーズでお願いしますと言ったら、あの着付け係の人は怒ってしまうであろう。

いや、意外とノってくれたりして…(^_^;)







今回は何だか自分で書いてても、「オマエは中学生か!!」というような内容になってしまいお恥ずかしい限りです。

どうか皆様、引かないで下さいね…



スポンサーサイト
     

コメント

文金高島田でこのポーズはないな。(ちょっと想像しちゃったけど)
カツラがずれちゃうよ。
yuyuさんが和装した時、ご主人ももちろん和装だったんでしょう。
日本の衣装どう思ったかしら。

1枚めの写真の新婦の二の腕。
確かに太い。よ~く見ると肩のラインから腕にかけて不自然な気がするんだけど…
色も違って見える。
ストールかなにか羽織ってない?
ショーウインドウに向い側の建物が写りこんでいるせいかな。
この方の二の腕よりはるかに太い私の二の腕。
ベアトップなんて間違っても着れないわ。

このポーズで注文する新郎新婦がいるかどうか疑問だけど、
この写真館が注目を集めるにはインパクトがあって
効果的なんじゃないかしら(@。@)/

この写真を隠れて撮影しているyuyuさん、怪しい人ですよ。

私がまず反応しちゃったのは、
「・・・・私も同じくモノクロで撮ってみた・・・」ってね。
なんか、カメラがもうしっかり身についてるっていう感が・!
ムムム、やるなーって思ってしまった。

あー、写真の新郎新婦、一般人ですよね。
モデル、やらせとかではない。
としたら、すごい!外国ってやっぱり侮れない。
日本て進んでるって言っても、まだまだ保守的ですね。
なんだか、ホッとしてしまいました。

こんにちは。
こちらの方では写真館や現像のお店などが次々と閉店して
しまって、今は探さないと見つからないほど、珍しいお店に
なってしまいました。
このような濃密な写真って台湾や香港などでは大ブームに
なっているようで、そのような写真館がたくさんあります。
それを見た日本人が最初の頃は恥ずかしいのか、香港などに
わざわざ行って撮影していたようですが、最近は日本でも
平気と言う人が増えているようです。
私の親戚の方も、何だかここまでは行きませんが近いような
写真を近場で撮影していたようです。
羞恥心というのが今と昔では相当違うんでしょうね。

面白い写真ですねぇ。
店構えから想像できません。
ドイツだったら・・
皆ブリッコして笑顔で、が多いかも。
なんたって、怖い顔してますから、
身分証明書や、パスポートだって笑顔ありですよv-290
私も身分証明書の写真を撮りに行って、
写真屋さんが、「斜めを向いて~。はぁい、笑って~」って!
吃驚しました。

こんばんわ。
日本では、写真館は絶滅危惧種になってます。

こんなオシャレな写真館が近くにあったら・・・
今ではフィルムを買うのにも、新宿まで行ってます・・・

こんにちわ

yuyuさんやるわね~中々撮れないわよ!
この写真見た事あるけどどこでかな?
でも真っ直ぐ前向いて黙ってるよりいいかもね~
飾り場所は限られる?かな。
日本ではウエディング写真は式場で撮るから写真屋さんはあまり入らないのよね。
今度ヒロ君は式場に知り合いのカメラマン入れるけど。。。

うふふ。
店先のこの写真に食い付いて、
写真の写真を撮っているyuyuさんを想像しちゃった。。

案外、写真館はその食い付きが狙いだったりして(笑)
だとしたら、思うツボですね♪

こんにちは♪

ローマに住んでいたとき、コロッセオや真実の口教会を背景に新郎新婦がいろいろなポーズを取って写真を撮っていましたよ。
結構きわどいポーズもあって、まわりの一般人がヒューヒュー言っていたこともありました。
結構そういうの、平気みたいでしたよ。
みんな、なりきるのが上手な感じで、さすがだなぁと思いました。

モノクロ写真にyuyuさんが写り込んでいないか、穴が開くほど見ちゃった・・・。

こういうポーズも流行り廃りがあるのですよ。
きっとここのカメラマンは自分で
ブームを作りたいのでは?

・・・と、カメラマンの妻らしきことを
書いてみました(^_^;)

今日も、yuyuさんの広がる想像(妄想?)の世界に笑っちゃいました。
そうですね~。どういうふうに、注文するんでしょうね~(笑)
注文番号とかも、ついてないんですよね??(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このようなポ-ズはありませんでしたけど、シンガポ-ルやタイの方達の婚礼衣装での写真が<ハンパ>ではないのです。

市内のランドマ-ク的な場所をいくつか回り、そこで新郎新婦が女優/男優さながらのポ-ズをとって(っと、言うか、カメラマンにとらせれて)撮影するんですよ!

更に凄いのが、そういった写真を大きく引き伸ばし、寝室に飾ってあるんですねぇ~。

それと比べたら、今回盗み撮りした2枚の写真のポ-ズは、とってもお洒落!

こんにちは

あ…口が開いています。
何をおっしゃる、中学生が
「文金高島田のコレでお願いします」なんて考えもつかないわ!
立派な熟女の発想…いえ、妄想ですわ(笑)

これ、ご商売にすると売れるかもしれませんね。
日本のTVの変身する番組を見ながらよく、
「こんな髪型にメークに、こんな衣装にしたって、
その翌日からの生活、どうすんの???」と
ナナメ目線で見ている私ですが
結婚の写真は、この時一度限りだから、
何でもできちゃうわ…う~ん、すばらしいアイデア。

しかし、yuyuの大妄想から発展する、
皆さんのコメントも、最近とってもスパイスが効いて
楽しみに読ませて頂いています。

広げよう…楽しい妄想の「輪」v-221
Secre

     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。