スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国共通の教訓

昨日「通り抜け自由の学校」を自由に通り抜けさせてもらったとき、「見ざる、言わざる、聞かざる」の切り抜き絵を見つけた。

私はあれはてっきり日本固有のものだと思っていたが、ベルギーの学校教育でもこんな教訓を教えていたとは

なんとなく日本的なニオイのするこの教訓、考えてみればどこまでも個人主義的な欧米人にぴったり!

自己主張の激しい彼らのあの口を封じることはできまいが、確かに他人のことを興味本位で見たり聞いたりすることは殆どない。

よって、「言わざる」の教え以外は確実に守られているように思う。

あ、オバチャンたちの井戸端会議は例外だが…

反対に日本人はどうであろうか。

人前での自己主張は控えがちであるし「言わざる」の教えはわりと容易に守れているのであろうが、「見ざる」「聞かざる」となると…(>_<)





そういえばこんなエピソードがある。

ある日、キッチンで私が夕食の準備をしていると、マリネしたお肉を目の前に置いているにもかかわらず、ベルギー人であるわが夫Mは「今日のメインデッシュはお肉かな?お魚かな?」などと言うのだ。

ん~、善意でとってあげると、これは今作っているものをあからさまに見るのははしたないという気遣いから、わざと見て見ぬフリをしているとも考えられる。

または「今日のおかずはなんだろな~♪」と楽しみにしていることを、私にアピールしたかったのかもしれない。

が、悪意をもってとると、目の真前のものにも気づかないただのボンクラと言えなくはない。



そしてまたある時は、広い病院の館内である事務所の場所を探していたのだがなかなか見つからず、最終的に夫が受付のところで順路を尋ねることになった。

そのとき私は少し離れた場所に立っていたのではっきりは聞いていなかったが、確か「そこを右に曲がると階段があるので、それを降りて…」と言っていたように聞こえた。

彼は言われたとおり右に曲がって、階段を通り過ぎてもずんずん進んでいく。

んんっ? 私は思い余って「さっきの人、階段とか何とか言ってなかった?」と夫に言うと、「うん、でも階段が見当たれへんねん」と途方にくれている。

「も、もしかして、階段ってさっき右へ曲がってすぐにあったやつ?」と聞くと、「えっ?そんな階段あった?」とすっとぼけている。

これはどう善意にとってあげても、見て見ぬフリをしていたとは言えないであろう。

やはり彼はただのボンクラだったのか!?






9QX97jdFnftQHZt.jpg

通り抜け自由の学校 カラフルな建物は幼稚園

同敷地内には食堂、サッカーグランド、スイミングプール、そしてなぜか資材置き場が点在している






P1030285.jpg

私を驚かせた「見ざる」「言わざる」「聞かざる」の切り抜き絵がはってあった窓枠






P1030288.jpg

幼稚園(ここは現在閉鎖中)の窓枠にはってあったポスター

右の玉ねぎ頭の女の子は可愛いが(それでもちょっと不気味…)、左のアルゼンチン・タンゴの絵はどうだろうか?

なぜ幼稚園舎に?と首をひねらざるを得ない

これも何かの教訓なのだったりして…???






P1020518.jpg

「見ざる」「言わざる」「聞かざる」はお猿さんたちのもので、我々犬族は「見ぬ」「言わぬ」「聞かぬ」よ!

う~ん、でもアンタは人のやることなすことそのおっきな目でいつもじぃ~っと見てない?



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。