スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行の行き先

今年も今月25日から2週間近く、ピレネー(フランスとスペインにまたがるピレネー山脈は複合世界遺産となっている)に長期旅行に出かけてくる。

もちろん愛犬ライラも一緒♪

「今年も」とは去年もこの時期ピレネーに旅行に行ったからで、5年前にも一度行っているのでこれで3度目。

“なんで同じところばっかり行くのよ。もっと違う場所に行ってみない?”と私は提案したのだが、夫Mは断固ピレネーに行くと言ってきかない。

“そんなに山が好きなんだったら、アルプスとかは?”と私が言うと、「アルプスとピレネーなんて全く一緒やん!アルプスの方がもっと観光地化されててやかましいし、それなら静かなピレネーでノンビリ過ごすほうがいい。だいたいなんでアルプスに行きたいの?」と夫。

“だって、いろんなとこ行ってたほうが皆に自慢できるやん!?”

「ハァァァ?旅行って一体誰のためにするん!!!」

う~ん、まぁ彼の言い分も理解できるし、ピレネーに行くと言っても同じところを回るわけではないので、今回は折れてあげた。(オトナの計らいというやつねっ!!)




ヨーロッパ人と日本人のバカンスの過ごし方は全く異なる

大自然の懐に包まれゆったり過ごす滞在型の旅が、彼らの考えるところの最上級の旅行らしい。

しかし大多数の日本人にとっては、より多くのものを見て食べて…と忙しく動き回る観光旅行こそを旅行の醍醐味と考えている節がある。

どちらも一長一短だと思うが、「皆に旅行の行き先を自慢したい」という私の考え方は、ヨーロッパ人の夫にしてみれば永久に解せないであろう。




ともあれ、今回の旅行は前回に比べ日程も多めにとっているため、ストレスフリーのノンビリとした旅行を楽しめると思う。

ただ気がかりなのは天候だ。

都会と違って山の中では屋内で楽しむこともできないだろうし、ここベルギーでは今もほぼ毎日小雨が降り続き、肌寒い気候である。

雨読晴耕とは言うが、旅行に出てまで本を読むのも…(+_+)

いや待てよ、ビーチでサングラスをかけながら寝そべって本を読んでいる欧米人のバカンスシーンよく見かけるが、あれはどうして晴れた日に本を読むのであろう?

しかもサングラスをかけながら…(?_?)

ま、普段本を読む時間がなく日光浴をしながら読書をするという行為分からなくもないが、私としては青空の下わざわざ読書をするなんて永久に解せない

今の日本の子どもたちも外で日光浴しながら勉強したら(サングラスも忘れずに)、もやしっ子にならずに良いかもしれない。

おっと、また話がわき道にそれてしまった。

いつも思うことであるが、やはり旅行は大きなアクシデントもなく無事に家に帰って来れることが一番であろう。






P1000727.jpg

5年前にピレネーに行ったときの写真

雪山が標高の高さを感じさせるが、山の名前は忘れてしまった

このときはまだライラはいなかったなぁ






P1020768.jpg

去年ピレネーに行ったときの写真

ここはツール・ド・フランスという自転車レースに使われている山






今年の写真は…

まだありませんが、帰って来てからまたアップしますので待っててくださいね!




スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。