スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お蝶(植物と動物)

何日か前に実家の母からメールがあった。

なんでも彼女の知り合いがお店を新装オープンさせるというので、大きな胡蝶蘭を何人かで組んで贈ったという。

それを聞いて私はうちのお蝶(植物のほう)のご機嫌伺いをしてみた。

蘭は水をやりすぎたりして手をかけすぎると良くないらしい。

そして、高温多湿になる場所を好むというので、キッチンの片隅においてある。

キッチンにおいてあるということは毎日見ているはずだが、あまり目をかけすぎるのはよくないとのこと、なるべく目をそらすようにしている

(意味が違うような…!?)

今回しげしげと見てみると、なんと花が、花が咲きはじめているではないか。

このお蝶たちも大分年を重ねてきており、花も毎年つけるわけではなく、今までにも数回しか鑑賞させてもらえたことがない。







左が9年モノで右は4年モノ

だんだん枝振りも落ちてきているが、今年は小さく花を咲かせてくれた

つぼみもまだいっぱいある

P1010960(1).JPG







お花だけ撮ると大きさがわからないが直径2~3センチしかない

一番最初は7センチほどはあった

P1010961(2).jpg







そしてうちのお蝶(動物のほう)はというと、なんだか得意満面の笑みをたたえ、熊のぬいぐるみを踏みつけにしている。

理由はわからないが、そこまで得意そうにするからには余程いいことをしたに違いない。

こちらとしてもなんだか褒めなくては悪いような気になって、「わ~、ライラちゃん、すごぉーい!!!」とナデナデしまくったバカ飼い主である。

しかし、あの得意げな顔には理由があった。

後からわかったことだが、ソファの後ろを掃除しているときに壁紙がボロボロに食いちぎられているのを発見したのだ。

今度は一転して「ライラぁ~!!!」と大声で怒鳴り散らしたのは言うまでもない。







うっふふ…

どうしたの? 一人でお方付けでも出来たのかな?

P1010970(1).JPG







ごめんなさぁ~い、そんなに怒らないで

でも、勝手に勘違いして褒めてたのはだぁれ?

P1010980(2).jpg



スポンサーサイト
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。