スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いは笑いでも…

以前言いかけたことがあったのだが、今日はジョークをテーマにして書きたいと思う。

毎回、ここへ姑が登場するたびにボヤキ三昧だった私。

しかし、今日は違う。

1年に1度あるかないかだが、彼女の良いところを見つけてしまった。




ある日、午後のお茶をしに我が家へ来ていた彼女。

うちの窓ガラスが鳥のフンで汚れているのを発見した。

私は「ああ、またうるさく言われるわ…」と身構えていたが、よっぽど虫の居所が良かったのか、

「あーら、小鳥さんにもパンパースをはかせなくっちゃね!」などと可愛いらしいジョークを言うではないか!

こちらの人は老若男女、得てして物事を軽~く茶化して言うのが上手だが、こんなに年季の入ったお婆さんまでが「笑い」の心を忘れていないことに感動した。




またある日、歯医者さんに行った。

しかし、支払いの段になってお金が足りない。

ぎゃ、恥ずかし~と思いながら、「すみません、次回来るときに一緒にお支払いしてもいいですか?」と尋ねると、

「あ、隣に銀行があるよ!」と先生(こちらの歯医者さんでは治療が終わると、その場で直接先生にお金を払う。受付がある場合は殆どない)が事も無げに言った。

「あ、でも、あの銀行はうちの取引銀行じゃないし、現金は引き出せないんですよ」と言うと、

彼はニヤッとして「だから?」という答え。

も、もしかして、私に銀行強盗でもしてこいっていうことかしらん???

苦笑いで返しておいたが、はぁ、ぶらっくぅ~




またまた別の日、今度は町医者に行った。

こちらでは本格的な病院に行く前、こうした町医者(ホームドクター)で先ず診てもらう。

その時はセキが出続けていて、「もしかして肺の悪い病気かも?」と思って行ったのだが、不安がアリアリと顔に出ていたのであろう。

ドクターは「大丈夫、大丈夫!うちのすぐそばには葬儀場も完備されてるし、いざってときも心配ないよ!」と元気づけてくれた。

はい????これもぶらっく過ぎ~

お医者さんがこういうジョークを言うなんて、ったく考えられない。




いずれも悔しいがなかなか面白かったので、ここでご紹介させていただきました



スポンサーサイト

ジョークの意味

夫は「この話面白いやろ~?」と言って、時々私にジョーク話を持ちかけてくる。

しかし難解なものが多く、私の能力では殆ど理解できない。

「これがどうなってこうなって故にこの部分が面白い」と延々詳しく説明を受けると理解は出来るのだが、

そのころにはもう全くジョークがジョークとしての意味をなくして、ちっとも面白くない。

やはりジョークはその場ですぐに笑い合えることに意味があるのでは…。

その中で私が完璧に理解でき、その場で笑うことの出来た(まさに奇跡的!)話のひとつを披露したい。





ある大金持ちの会社社長(社)とその執事(執)の会話

 社:明日から1週間の予定で海外出張に行ってくる 留守中はくれぐれも頼んだぞ  

 執:かしこまりました 旦那様 

そして出発から2日後、彼は家に電話をかけた

 社:どうかね?家の様子は? 

 執:それが火事で家の半分が焼けてしまいまして…

 社:なんと… で、家族は無事なのか?
 
 執:残念ながら大奥様はお亡くなりになりました 

 社:おぉ、では我が妻はどうじゃ?

 執:奥様はご無事でらっしゃいます

   折りよく一緒のお部屋にいらっしゃった殿方とお逃げになられました

 社:えぇ~い、もう良いわ!!! 何か他に良いニュースはないのか?   
 
 執:えっと…、はい、ございました! こちらの部分の数値がプラスに転じております 

 社:(もちろん会社の業績のことと思い)ほほう、して、それはどこの部門かね?

 執:先日、旦那様がお受けになられたHIV検査の結果でございます

   (陽性・陰性はプラス・マイナスであらわす)   




いかがでしょう?
  
私は大笑いできるようなナンセンス・ギャグも好きだが、

こんなふうに思わずニヤっとできるようなジョークも好きだ。  
     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。