スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かいだん -先人たちの場合-

昨年秋の帰国時に「適塾」というところへ行ってきた。

これは大阪北浜に位置し、幕末の蘭医学研究の第一人者、緒方洪庵が開いた塾で、多くの門人が、オランダ語教育を基礎に、医学をはじめ西洋の科学や合理的な思考を学んだといわれている。

その中には、数々の名言を残したかの福沢諭吉もいたという。

たたみ一畳分のスペースしか門下生たちには与えられず、そこで塾生たちは猛勉強に励んでいたらしい。

「適塾」というのは2階建ての普通の木造建築の家で、1階部分は塾生たちの教室と洪庵先生の家族の部屋、2階部分は塾生たちの寝起きする大部屋、女中部屋からなる。

内部は撮影禁止だったので写真は残していないが、本当に本当に急な階段があり、いや、あれは階段というより木の滑り台に3個ぐらいの幅の狭ーいステップを取り付けただけのような代物であった。

よくぞよくぞ先人たちはあんな急な階段を上り下りしたものだ。

しかも男性は袴を着けていたであろうし、お女中たちにいたっては着物を着ていたはず。

「福沢っ!」と階下にいらっしゃる洪庵先生に呼ばれて、脱兎のごとく駆けつけねばならなかったであろう福沢は、あの階段を本当に滑り降りていたに違いない

たぶん袴は年中擦り切れていたことであろう…と、ここでまた余計な心配をしてしまった。

そういえば日本のお城の階段も急であるが、これも城内の人たちはどうやって上り下りしたのであろう?

お姫様などは重い髪飾りや裾の長いお着物を召されていたはずであるし、リビング、ベッドルームなどの生活空間は全て1階にかためられていて、生涯2階・3階へは上がらずに暮らしていたのだろうか?


洪庵先生と私♡の2ショット!

Ml2NxgPvPNwyk8C1358241586_1358242103.png





あ、これはまたついでの話になってしまうが、ヨーロッパでは1階をグランドフロア、2階を1階という。

姑のアパートも4階建てで(アパートの屋上は平らでなく全体を急傾斜の屋根で覆っているため、最上階はバルコニーのない単身者用の屋根裏部屋となっている。姑も単身者のはずだが…)、彼女は2階(日本式に言うと3階)に住んでいる。

エレベーター(こちらではリフトというが、なんだかスキー場を思い出させる)で誰かとたまたま乗り合わせたりすると、「3階お願いします。あ、イヤ2階でした。」と当初アタフタしていた。

3階ぐらいなら階段で上がったらいいのだが、それこそ、その階段は歩幅の狭い急な傾斜で手を使ってよじ登らなければならないほど。

やはり、私はひ弱な現代人だなぁと痛感させられる。



スポンサーサイト

今年も大満足でした♡

ベルギーに帰って来てからはや2週間が経とうとしているが、いまだにその間の出来事をブログ記事におこせないままである。
明日こそは明日こそは…とダイエット開始時のような状態で、写真すらもまだpcにとりこめていない…。
最初は単なる時差ボケからと思っていたが、日本への帰国前からかかっていた「ヤル気でない病」が悪化してしまったようで…。
いつになったら記事が書けるか見当もつかないので、今回ただ単に帰国時の概要についてだけサラッと書いておこうと思う。
どんな様子だったか私の様子を少しでも気にかけてくださる皆様のため、そして自分自身の備忘録として。

今年も往復のエアーはフィンランド航空。
ヨーロッパ各国からは一番日本に近いとあって、日本人観光客にも大人気。
空港内も英語、フィンランド語に加え、日本語表記もある。

滞在中は仲良くしてもらっているブロガーさんともお会いした。
まぁブロガーさんと言っても、きっかけがブログからだったというだけで、古くからの友人となんら変わることなくおしゃべりできる方たちである。
いや、かえって古くからの友人には話せないようなこともあったりで、彼女たちとは大変有意義な時間を持てる。
ある日はマルクちゃんとお食事に行ったり(他人のふんどしを借りるようだが、その時の様子はコチラで彼女が記事におこしてくれています)、またある日はクラもかママさん(トイプーとパピヨンのママさんで、とにかくこの2匹のかわいいことったら!)とドッグカフェで遊んだりした。
そういえば彼女も今、「ブログやる気でない病」にかかってるって言ってたなぁ。
パピママさん(ライラと性格そっくりなパピヨンちゃんを持ったママさんでお互いの気苦労を分かち合える…)とも鞍馬~貴船を歩いたりしたが、その日は大雨で道も歩きにくく私の荷物も持ってもらったりで大変ご迷惑おかけしました<(_ _)>

その他も学生時代からの付き合いの友達と遊びに行ったり、毎年恒例になっている日帰りバスツアーで日本のマチュピチュといわれている「竹田城址」にも行ったりした。
テレビ放映されてから、近年俄然話題に上るようになったとのこと。
その他、母とは伏見の城南宮、伏見稲荷(ここは入場料もとられずアトラクティブな千本鳥居も見れるということで、ケチな〈合理的なだけと彼らには反論されそうだが…〉外人旅行者に大人気!30パーセント近くは外人旅行者だった。英語のガイドブックにも人気スポットとして紹介されているようだ。)

また、お一人様でも十分楽しめた。
座禅、写経体験もできたし、嵐山・嵯峨野~清滝までのハイキングにも行ってきた。
近くの農業公園にも足を運びコスモス・バラ(毎年11月に咲く花は決まってるなぁ)を観賞後、近くにある田野遺跡も見学してきた。
もちろん、帰国時にはずせないスーパー銭湯にも数回入ったし、日本食(と言っても家庭料理だが、私にとってはそれが一番!)も思う存分食べてきた。
朝は私の大好きなアンパン、メロンパン、お饅頭をヘビーローテーションさせて、フルーツは絶対柿!
お昼は殆どおうどんなどの麺類で、夜はすき焼き、天ぷら、鮨(ステレオタイプの日本食!?)やおでん、串カツ、筑前煮、焼き魚などここにいては味わえない料理ばかり。

こうして3週間の日々はあっという間に過ぎてしまったが、ここまで書いてきてもう気力・体力の限界。
文字のデコレーションもできず、写真も載せれず、事実をただなぞっただけの見た目も内容も味気ない文章になってしまった。
わざわざ読んでくださった方には申し訳なく思っています。
次回のブログ更新までにはきっと鋭気を養っておきます<(_ _)>



     
自己紹介
ベルギーのいなか町に住む中年の専業主婦です。 夫一人、犬・猫各一匹と一つ屋根の下暮らしています。
By yuyu
おしらせ
以前書いていた日記は楽天ブログ「わががまん」に残してきました。 まだ4ヶ月しか書いていなかったのですが、もしよろしければご参考までにどうぞ。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。